超高級&ハイスペな“飲める自転車パーツ”に、自転車声優・野島裕史「もはや自転車パーツじゃない(笑)!」

声優界随一のサイクリスト・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。8月25日(木)~8月29日(月)の放送は、 野島裕史のサイクルコラム「第7回 飲める自転車パーツ」をお届けしました。

IMG_6155.JPG

“超高級パーツを紹介したパーソナリティの野島裕史

 

7回にして、超高級&ハイスペックパーツを紹介!

野島:これまで「飲める自転車パーツ」シリーズでは、第1回は「Campagnolo(カンパニョーロ)」のブレーキ、第2回は「Campagnolo」のシェリフスターハブ、第3回は「CHRIS KING(クリスキング)のヘッドパーツ」、第4回は「尻尾付きサドル」。第5回は「SILCA(シリカ)」のフロアポンプ、第6回は「PAUL(ポール)」のトランプ柄のクランクをお届けしてきました。

 

今回の第7回は「GOKISO(ゴキソ)」のハブです! ハブは、第2回の「シェリフスターハブ」のときにも紹介しましたが、自転車の車輪の中央部分にある回転駆動パーツのことをハブと言います。

 

しかも今回紹介するのは、そのなかでもフラッグシップモデル(メーカーが提供する製品のなかで最上級品)であるチタン製の「GOKISO スーパークライマーハブ」というパーツです。

 

興味のない方にとっては、“なんのこっちゃ”でしょうけど(苦笑)、僕は自転車のパーツがあまりにも好きすぎて、それを見ながらおいしく酒が飲めるということで、「飲める自転車パーツ」というシリーズ名でやっております。

 

とはいえ、やっぱり全部は買えないんですよ。今回で第7回ですが、買っているパーツと買っていないパーツがあります。今回紹介する「GOKISO スーパークライマーハブ」は、今までで一番高価なパーツです。

 

本当に欲しいんですけど、高い……(苦笑)。値段から言いますと、ハブだけで前後セットで大体70万円近くてね、いくら(眺めながら)飲めると言っても、おいそれと買えないですよ。

 

しかも、スポークとリムを含めた完成したホイールも売っているんですけど、そうすると100万円を超えてしまうので、これだけで一生飲むしかないですよね(笑)。そんな超高級ハブを、僕はいつもネットで写真を見て飲んでいます(笑)。

 

その特徴は、滑らかな回転機構と航空機用のジェットエンジンの分野で培ったベアリング本体、弾性体衝撃吸収性を持たせた特殊な構造ということで、なんとこの「GOKISO」は、航空機メーカーが作った自転車パーツなんです!

 

路面から外部応力を受けたときに、ハブが弾性変形することによって応力を吸収し、さらに高剛性のチタンシャフトがセラミックベアリングを支えるということで、自分でも何を言っているのかわからなくなってきましたけど(笑)。とにかく、ベアリングの回転の妨げになる衝撃や歪みを発生させないという超ハイスペック仕様となっています。

 

そして、その試験距離は10km、時速300 km/hの試験にクリア。もはや自転車パーツじゃないですね(笑)。自転車には無意味過ぎると言ってもいいほどのオーバースペックで、これがパーツマニアのテンションをグイグイ上げるんですよ。

 

何よりも僕の一番のお気に入りの点は、スペックはもとより、チタン削り出しのボディ。しかも、それがポリッシュ(磨いて艶を出すこと)されているんですよ。チタンのポリッシュってなかなか大変なんですけど、それがもう鈍いチタン色の輝きが美しくて、いくらでも眺めていられます!

 

流行にはまったく左右されない美しさは、無駄を省いた究極の機能性を追求したパーツならではじゃないかなと思うほどで、何十年経っても飽きのこないパーツなんじゃないかと思います。

 

しかも、その技術の自信の表れなんでしょうかね 。このハブは、29年間無償修理保証が付いています。何度も言うようですが、もはや自転車パーツじゃないですね(笑)。

 

僕は、このハブだけを購入して、飾ったり、飲むときに感触を楽しんだり、磨いたり、持ってみたり……いろいろな楽しみ方も数年間してから、ホイールとして組んで、ホイールを組んでからも「この回転すげ~な!」って部屋でグルグルと回しながら数年間楽しんで、10年ぐらい経ってから自転車に組むんじゃないかと思うぐらい(笑)。もしこれを買うことがあれば、それぐらい長く飲めるパーツなんじゃないかなと思っています。

 

次回9月1日(木)~9月5日(月)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」は、
野島裕史のサイクルコラム「筋トレから1年」をお届けします。お楽しみに!

コンテンツ一覧

一般財団法人「日本自転車普及協会」の理事 栗村修さんに自転車の安全利用のポイントを伺いました 音声

一般財団法人「日本自転車普及協会」の理事 栗村修さんに自転車の安全利用のポイントを伺いました

2024年の「ツアー・オブ・ジャパン」の見どころを栗村修さんに伺いました! 音声

2024年の「ツアー・オブ・ジャパン」の見どころを栗村修さんに伺いました!

富士ヒルに参加する際のマナーや安全運転のルールを富士ヒル初参加の井上和彦さんと学びました!! 音声

富士ヒルに参加する際のマナーや安全運転のルールを富士ヒル初参加の井上和彦さんと学びました!!

富士ヒル初参加!声優の井上和彦さんとスポーツ自転車専門のウェブメディア「FUNRiDE」の山本健一さんをお迎えして作戦会議を行いました! 音声

富士ヒル初参加!声優の井上和彦さんとスポーツ自転車専門のウェブメディア「FUNRiDE」の山本健一さんをお迎えして作戦会議を行いました!

大事な大事な小野さんの愛車が盗まれないようにするには…??? 音声

大事な大事な小野さんの愛車が盗まれないようにするには…???

ついに…自転車が完成!!!!声優の小野大輔さんをお迎えしました! 音声

ついに…自転車が完成!!!!声優の小野大輔さんをお迎えしました!

野島が今おすすめの自転車ガジェットを紹介!! 音声

野島が今おすすめの自転車ガジェットを紹介!!

自転車で日本を縦断!?「ギネス世界記録」に挑戦するホビーサイクリストの篠さんにお話しを伺いました! 音声

自転車で日本を縦断!?「ギネス世界記録」に挑戦するホビーサイクリストの篠さんにお話しを伺いました!

石垣島トライアスロンまでおよそ1ヶ月!トレーニングの進捗情報を語る! 音声

石垣島トライアスロンまでおよそ1ヶ月!トレーニングの進捗情報を語る!

開催直前! 野島裕史が大会組織委員会委員長・栗村修に聞く「ツアー・オブ・ジャパン2024」楽しみ方と観戦マナー 記事

開催直前! 野島裕史が大会組織委員会委員長・栗村修に聞く「ツアー・オブ・ジャパン2024」楽しみ方と観戦マナー

4月21日に開催された石垣島トライアスロン!野島裕史は無事に完走できたのでしょうか? 記事

4月21日に開催された石垣島トライアスロン!野島裕史は無事に完走できたのでしょうか?

野島裕史も大注目!進化した国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン2024」 魅力を組織委員会委員長・栗村修が解説 記事

野島裕史も大注目!進化した国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン2024」 魅力を組織委員会委員長・栗村修が解説

私たちは自転車に乗っている時に悪人になっている?!…その真意を栗村修さんに伺います! 記事

私たちは自転車に乗っている時に悪人になっている?!…その真意を栗村修さんに伺います!

レース中に気分が悪くなったら…、走行中に落とし物を…「富士ヒル」参加に向け野島裕史&井上和彦が最終確認 記事

レース中に気分が悪くなったら…、走行中に落とし物を…「富士ヒル」参加に向け野島裕史&井上和彦が最終確認

「TOJ NEW GENERATION」をキャッチフレーズに掲げフルスペック開催!今年の「ツアー・オブ・ジャパン」は一味違う?? 記事

「TOJ NEW GENERATION」をキャッチフレーズに掲げフルスペック開催!今年の「ツアー・オブ・ジャパン」は一味違う??

野島裕史、70歳にして初参戦となる大先輩・井上和彦と「富士ヒル完走」に向けて作戦会議を敢行! 記事

野島裕史、70歳にして初参戦となる大先輩・井上和彦と「富士ヒル完走」に向けて作戦会議を敢行!

富士ヒルに参加する際のマナーや安全運転のルールを富士ヒル初参加の井上和彦さんと学びます! 記事

富士ヒルに参加する際のマナーや安全運転のルールを富士ヒル初参加の井上和彦さんと学びます!

野島裕史も感激! 声優・小野大輔、生涯サイクリスト宣言「人と人がつながっていく乗り物だなと改めて感じました」 記事

野島裕史も感激! 声優・小野大輔、生涯サイクリスト宣言「人と人がつながっていく乗り物だなと改めて感じました」