篠原ともえの『好き』が止まらない!!ずっと憧れの存在である濱田マリさんの”大きな海を漂い続ける”自身の在り方とは?

篠原ともえ Making #50

この番組では、フレキシブルな発想で未来のカタチを “Make” している方を

ゲストにお招きし、さまざまな視点から、時代を切りひらくヒントになるお話をうかがってまいります。

今週も歌手、女優、ナレーターなど幅広く活躍する濱田マリさんをお迎え。
0905濱田マリさん.jpg


・篠原ともえが誓いを立てたという2人の”初めての出会い”とは?
・「あんたさ、めっちゃ頑固やろ…?」濱田マリさんが意外な本質を見抜く!?
・篠原ともえの夢だったドレス「えー!覚えてない!!(笑)」 …etc

★濱田マリさん ”トリンキー役でご出演中”
あしたが変わるトリセツショー - NHK

♪OA曲
ミクロボーイとマクロダンス / スチャダラパーとEGO-WRAPPIN'
フツーで行こう / 濱田マリ

番組Facebook
https://www.facebook.com/%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%88-Making-109805221503408

 

コンテンツ一覧

篠原ともえ「Making」 音声

劇団と音楽、どちらもやらなきゃ意味がない!「だったらメジャーデビューなんかしなくていい!」とまで当時言い切った、やりたいことに妥協することなく向き合い続ける強さを持つ、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの素顔とは?

篠原ともえ「Making」 音声

篠原ともえの『好き』が止まらない!!ずっと憧れの存在である濱田マリさんの”大きな海を漂い続ける”自身の在り方とは?

篠原ともえ「Making」 音声

当時ライブに参加していたファンが濱田マリさん本人に告白!泣かずには聴けなかったモダンチョキチョキズのあの曲とは?

篠原ともえ「Making」 音声

篠原ともえがスーパーエンターテイナー!と語る、イチローさんの今のメンタルが出来上がった”魂を鍛えた旅”とは?

篠原ともえ「Making」 音声

篠原ともえの忘れられないイチローさんの一言『カルマ~!!』イチローさんが持ち前の魅力的な引力で繋げてくれた、人、デザイン、仕事…とは?

篠原ともえ「Making」 音声

気づいたら友達10周年!YOPPYさんが仲良しの渡辺直美さんと立ち上げるべくして生まれたブランド”ten” BEST FRIENDと言えるお洋服をこれからも!

篠原ともえ「Making」 音声

自分のずっと好きなものは変えず、ずっと変わらない好きを現代に合わせて届けていきたいというYOPPYさんにとってのMakingとは?

篠原ともえ「Making」 音声

目の前のことに一生懸命!止まらずにこれからも駆け抜けていくスティーヴ エトウさんの自分らしい生き方とは?

篠原ともえ「Making」 音声

打楽器叩いて40年!スティーヴ エトウさんと篠原ともえには意外な共通点が!?「何でも自分でやりたくなっちゃう(笑)」

篠原ともえ「Making」 記事

劇団と音楽、どちらもやらなきゃ意味がない!「だったらメジャーデビューなんかしなくていい!」とまで当時言い切った、やりたいことに妥協することなく向き合い続ける強さを持つ、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの素顔とは?

篠原ともえ「Making」 記事

ケラリーノ・サンドロヴィッチさん登場! 31年前に起こった「ケラさん逃げて!」事件の真相が明らかに??? そしてソロアルバム「逃亡者K」についてトーク!

篠原ともえ「Making」 記事

篠原ともえの『好き』が止まらない!!ずっと憧れの存在である濱田マリさんの”大きな海を漂い続ける”自身の在り方とは?

篠原ともえ「Making」 記事

当時ライブに参加していたファンが濱田マリさん本人に告白!泣かずには聴けなかったモダンチョキチョキズのあの曲とは?

篠原ともえ「Making」 記事

濱田マリさん登場!篠原ともえも大ファンだった”モダンチョキチョキズ” トーク!!!

篠原ともえ「Making」 記事

篠原ともえがスーパーエンターテイナー!と語る、イチローさんの今のメンタルが出来上がった”魂を鍛えた旅”とは?

篠原ともえ「Making」 記事

篠原ともえの忘れられないイチローさんの一言『カルマ~!!』イチローさんが持ち前の魅力的な引力で繋げてくれた、人、デザイン、仕事…とは?

篠原ともえ「Making」 記事

気づいたら友達10周年!YOPPYさんが仲良しの渡辺直美さんと立ち上げるべくして生まれたブランド”ten” BEST FRIENDと言えるお洋服をこれからも!

篠原ともえ「Making」 記事

自分の好きなものはずっと変えず、ずっと変わらない好きを現代に合わせて届けていきたいというYOPPYさんにとってのMakingとは?