最大積載量90kg! キャンプ・自転車旅に◎ ロングテールバイク「Big Dummy」の乗り心地は? 自転車声優・野島裕史が解説

声優界随一のサイクリスト・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしている番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。9月9日(木)~9月12日(月)の放送は、野島裕史のサイクルコラム「SURLY Big Dummy(サーリー ビッグダミー)」をお届けしました。

【TOJ】#363写真.jpg

パーソナリティの野島裕史

 

◆憧れのメーカー「SURLY 」の自転車を中古で購入!

野島:<a href="https://tfm-plus.gsj.mobi/news/pO5Z7Ibkru.html">先日の放送</a>で、「SURLY(サーリー)」の「Big Dummy(ビッグダミー)」というロングテールバイクを中古で入手したという話をチラリとしたのですが、今回は新たに入手した、そのバイクのことを詳しく紹介したいと思います。

 

「SURLY」は、クロスバイクやファットバイクなど個性的なバイクで有名な、アメリカのクロモリ(クロムモリブデン鋼)自転車メーカーです。僕は10年以上の「SURLY」ファンで、ファットバイクだったり、今回紹介するロングテールバイクである「Big
Dummy」のようなバイクを、10年ぐらい前から“いつかは欲しい”と思っていました。

ファットバイクは、たまに街で見かける方もいらっしゃると思いますが、タイヤが太いバイクです。おそらく元祖に近いのは、「SURLY」が作ったんだと思います。

「SURLY」のファットバイクは、青森県の雪山を走る「スノーライド」というイベントで初体験しました。そのときに快適性や雪道でのオフロードの走破性と見た目のワイルドなカッコ良さに“欲しいな”なんて思っていたんですけど、今回手に入れたSURLYのバイクはファットバイクに次いで欲いと思っていた「Big
Dummy」というロングテールバイクです。

 

その特徴は、その名の通り、自転車の前輪から後輪までの全長が、普通の自転車の1.5倍ぐらいあって、後ろの荷台部分が長いバイクなんです。その形の特徴から積載能力がとても高くて丈夫に作られています。最大積載量は90kgということで、キャンプや自転車旅にピッタリの自転車です。

 

素材は、カーボンフレームではなく「SURLY」らしいクロムモリブデン鋼で作られています。この自転車のフレームは、他の「SURLY」のバイクや、普通のものよりもすごく太い! それこそ1.5倍ぐらい太いパイプで作られていて、ものすごく丈夫さを感じます。そして見た目もちょっとワイルドな感じがして、あらためてカッコイイなと思います。

 

実際に憧れていた自転車を手に入れて乗ってみた感想ですが、やっぱり大きいっていうのと、太いフレームの感じで、乗り心地が“重いんじゃないか”と思っていたのですが、(ペダルの)漕ぎ出しは若干重みを感じるものの、1度走り出してしまえば、安定性もあって快適でした。

 

カーブを曲がるとき、内輪差を若干気にしたほうがいいとはいえ、慣れてしまえば何てことはありませんでした。“さすがに重いんじゃないか”と心配していた上り坂も、オフロードにも対応しているギア比なので、回転数は少し早めに漕がなきゃいけないものの、軽々と漕ぐことができて、多少重い荷物を積んでいても電動ママチャリを追い越すことができたぐらい快適に乗ることができました。

 

もちろんロードバイクに比べると速度は若干遅いんですけど、荷物を乗せてゆったり走るのが、この自転車の特徴なので、本当に楽しくペダリングできましたし、“買って良かったな”と思います。テントや寝袋を積んで、“どこか遠くに行きたいな~”と思える自転車ですね。

 

さらに、この自転車の魅力の1つは、僕の大好きなカスタムパーツがめちゃくちゃ豊富なところです。自分仕様にどんどんワイルドにできるということで、これまた“金食い虫”ですね(苦笑)。それぞれのパーツが、なかなかいい値段するので、とりあえずはカスタムの妄想ネタには困らないかなと。

 

少しずつ集めていって愛着がどんどん湧いていくのもいいことなので、少しずつカスタムしていきたいと思っています。またキャップしたり、カスタムしたりしたときには、こちらのコーナーで紹介していきたいと思います。

 

次回9月15日(木)~9月19日(月・祝)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」は、野島裕史のサイクルコラム「Wahoo(ワフー)」をお届けします。お楽しみに!

コンテンツ一覧

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

何歳になっても成長できることを実感できた1年間!!「2022 野島裕史 肉体総決算!」

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

情報求む!野島が気になる自転車メーカーのパーツ!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

野島がメインMCを務めた「ルノー カングージャンボリー 2022」で新型カングーお披露目!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

「キャラクターヒルクライム2022」!昨年の記録を超え達成!?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

今週もサイクリングプロモーターの別府史之さんをお招きしてお送りしました!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

プロとして過ごした17年の経験を日本に伝えていきたい!ロードレース界のレジェンド、サイクリングプロモーター 別府史之さんをお迎えしました!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

街乗りにぴったり!「Beeline Velo 2」を使ってみた感想を語る!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

世界を巡るサイクリスト 友竹亮介さんの著書『二輪一会 二度と出会えない人』を読んで、野島も旅に出たくなる!?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

話題になった二人のあの記念写真の撮影秘話を明かす!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「情報求む!」自転車声優・野島裕史の“ツボ”にハマる、気になる自転車メーカーとは?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

何歳になっても成長できることを実感できた1年間!!「2022 野島裕史 肉体総決算!」

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

愛車「カングー」に感じる“縁”…声優・野島裕史「ルノー カングージャンボリー 2022」で見た光景に刺激を受けまくり!?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

情報求む!自転車パーツ大好きな野島が今気になる自転車メーカーのパーツとは?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

日頃の筋トレ効果を実感!? 野島裕史「上々の記録更新だったんじゃないかな」1年ぶりのヒルクライムレースを振り返る

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「ルノー カングージャンボリー 2022」で新型カングーお披露目!新型カングーは大人のような安定感と遊び心を持っている!?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

ツーリングで事故に遭わないためには?「無理をしないこと」「自分のスキル以上のことをやらない」ロードレース界のレジェンド・別府史之が解説

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「キャラクターヒルクライム2022」!昨年の記録を超え達成!?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

高校卒業後、単身フランスへ…ロードレース界のレジェンド・別府史之、プロとして過ごした17年間の経験を「日本の自転車・ロードレース界に伝えていきたい」