スーツを通して人生に寄り添うお店、株式会社muse。 売って終わりではない、人 対 人の関係性を築く。

ゲスト:株式会社muse代表取締役社長 勝友美さん

今日も『お店ラジオ』にようこそ!

パーソナリティは、事業投資家の三戸政和さんと、スマレジ代表の山本博士さん。

ゲストは、先週に引き続き、オーダーメイドスーツを取り扱うお店「Re.muse」を展開する、株式会社muse代表取締役社長、勝友美さんでした。

 

「Re.muse」のスーツは、ヴィクトリースーツと呼ばれ、着る人に成功をもたらすと言われて人気なんです。

そんな忙しい中で、勝さんはYouTubeもされていらっしゃるのですが、一体何故でしょうか。

「ヴィクトリースーツを着るのか、着ないで死ぬのか。…といった選択を日本人に一度はしてから死んでほしいと言ってるんですけど、じゃあ日本中の人がどれだけミューズのことを知ってるねんって思ったときに、それだけの努力をしていない、と思ったんですよね。そこで、じゃあ挑戦しようとなったのがYouTube。私にできることは、夢を持って生きることの素晴らしさを発信することなので、つまづいたこととか、うまくいかなかったこととかを、どう解決していったのかを話していったんです」。

勝さんのYouTube、今ではチャンネル登録者数41万人超え。

ターゲットは27歳の女性だと言います。

「当時は20代のお客さまはほとんどお店にいなかったので、そのターゲットに設定するってことは、スーツを買えない人たちに向けて発信するということでした。それでも、“役に立つことが先”なのは鉄則なので、スーツのことは1割くらいで、あとはその人たちに対して役に立つだろうって思うことをひたすら発信していったんです。そうすると、結果、その人たちにもスーツが届くようになって、新しい顧客層を開拓したという状態になりました」。

YouTubeをきっかけに、お店に20代のお客さまが増えたということですね。すごい効果です!

 

また「Re.muse」では、ヴィクトリースーツを着た人であれば無料で入れるコミュニティ、「ヴィクトリークラブ」というものがあるそうです。

クラブのスローガンは、「人の夢を笑わない、心の才能を養う場所」とのことですが、この会の目的はなんなのでしょうか?

「人の人生に寄り添うお店でありたいなと思っているので、売って終わりにしたくないんです。売ったあとに、その方がなりたい姿になっていけているのかということも見守りたいですし、人生って人との出会いで変わるわけじゃないですか。であれば、より良い出会いができるプラットフォームがあれば、スーツ以外にもお客さまの役に立てるんじゃないかな…と。あとは、ミューズの思想に共感してくださっていて、価値観が近い人たちが集まるので、そしたら絶対ビジネスって発展すると思うんですよね。人生も豊かになるだろうし。今は、二十歳の子も、新卒の子もきます。時にはその子たちがお客さまの会社に就職したりとか、事業パートナーになることもあります」。

なるほど~。出会いの場でもあるんですね。

さらにヴィクトリーカードというのを納品のときに発行していて、そのカードにお客さまの名前と“人生の目的地”の2つだけ書いてもらうそうです。

「それを書いてもらうことで自分とも向き合ってもらいますし、毎回の納品でそれを書くってのも一つのイベントになっています。私たちはそれをお客さま全員分ちゃんと管理していて、このお客さまはこの人生の目的を持ってこんな人生を歩んでいる、ということを社員全員が知っているんです。人生に寄り添っていることを実感できる瞬間って、喜びも悲しみも分かち合えたときだと思うんですね。だからお客さまの中には、『この契約決まった』と教えてくれたり、うまくいかないときに連絡くれたり、そういう関係性を育むことは商いの根本だと思うんですよね」。

人と人のつながりを大切にし、お客さまの人生に寄り添うブランド。それが「Re.muse」なのですね。

 

それでは最後に、いつもの質問です。

「勝さんにとって、お店とは?」

お答え、「第2・第3のホーム」。

家族のように辛いことも楽しいことも共有できる場。社員にとっても、お客さまにとっても、経営者にとっても、そうであって欲しいなと思っている、とのことでした!

 

 

★疑問・質問も募集中

この「お店ラジオ」では、三戸政和さんと山本博士さんへのメッセージもお待ちしております。

2人への質問、ちょっとした疑問、相談したいこと、番組の感想・応援・グチなど、何でも送ってきてください^^

メッセージの宛先は、omise@interfm.jp です。

 

 

★アーカイブのご案内

radikoのタイムフリー(放送から1週間限定)https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220130210000

AuDee https://audee.jp/program/show/100000309

Youtube https://www.youtube.com/channel/UCKIaAZrcBJvCTCoBv2K6VLg

Spotify https://open.spotify.com/show/2V2MhGQPxgZ4kE1ibz5r8H

Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8/id1593150923?l=en

Google Podcast https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9waXRwYS5qcC9yc3MvMDA0?hl=ja

Amazon Music

https://music.amazon.co.jp/podcasts/419a5631-9e6d-4b14-b46d-75d0de56fba5/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8?refMarker=dm_wcp_af_r&ref=dm_sh_xNFkEI6BBsdb59GBCtIzW6BIY&

 

それでは皆様、またのご来店お待ちしております!

コンテンツ一覧

お店ラジオ supported by スマレジ #132 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #132

お店ラジオ supported by スマレジ #131 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #131

お店ラジオ supported by スマレジ #130 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #130

お店ラジオ supported by スマレジ #129 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #129

お店ラジオ supported by スマレジ #128 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #128

お店ラジオ supported by スマレジ #127 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #127

お店ラジオ supported by スマレジ #126 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #126

お店ラジオ supported by スマレジ #125 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #125

お店ラジオ supported by スマレジ #124 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #124

南インド料理専門店「エリックサウス」。ニッチな業態の成功の裏側 記事

南インド料理専門店「エリックサウス」。ニッチな業態の成功の裏側

人気店「エリックサウス」の総料理長が語る、マニア向けメニューの作り方 記事

人気店「エリックサウス」の総料理長が語る、マニア向けメニューの作り方

おにぎり専門店「まんま」。無いものが売れるのはスニーカーもおにぎりも一緒…? 記事

おにぎり専門店「まんま」。無いものが売れるのはスニーカーもおにぎりも一緒…?

“触られる靴”が売れる?スニーカーショップ「atmos」創設者に聞くブームの裏側 記事

“触られる靴”が売れる?スニーカーショップ「atmos」創設者に聞くブームの裏側

そば業態のポテンシャルは…?「ゆで太郎」が郊外型を広げる理由 記事

そば業態のポテンシャルは…?「ゆで太郎」が郊外型を広げる理由

「ゆで太郎」から学ぶ、職人の技をマニュアル化する方法 記事

「ゆで太郎」から学ぶ、職人の技をマニュアル化する方法

主婦から人気店の経営者へ! 「わざわざ」が山奥でも売れるワケ 記事

主婦から人気店の経営者へ! 「わざわざ」が山奥でも売れるワケ

人と人をつなぎ、最適な物流で美味しさを届ける。 「フード人材バンク」「sakana bacca」とは? 記事

人と人をつなぎ、最適な物流で美味しさを届ける。 「フード人材バンク」「sakana bacca」とは?

水産業界の構造改革をめざして!生産者と飲食店をつなぐ「魚ポチ」という事業 記事

水産業界の構造改革をめざして!生産者と飲食店をつなぐ「魚ポチ」という事業