2022.12.14~ ゲスト:水晶玉子さん①

第429回   今週からのゲストは、占術家の水晶玉子さん。

https://twitter.com/Suisho_Tamako

tamako_2.jpg

水晶玉子さんは、幼少期より占いに興味を持ち、東洋・西洋に囚われず研究。
独自の視点で編み出した、オリジナルの占い「オリエンタル占星術』は

圧倒的な的中率で多くのファンを獲得!
現在は多くの雑誌で連載を持つ、人気占術家として活躍されています。

杏子「占いって興味をお持ちになった、きっかけっていうのは?」

水晶「杏子さんもそうだと思うんですけど、少女雑誌って占いが必ずついてましたよね。

   入り口としては、そういうところで。

   そもそもは、何か起きたことに対して、理由が知りたかったんですよね。

   どうしてこんなことが起こったんだろう、占いならわかるかもしれないって。」

杏子「それって何歳頃のことですか?」

水晶「中学生とかそれくらいですね。

   なにか起こってしまった時、自分が悪かったとは思うけど、

   ”運が悪かったんじゃないかな” って思いたいじゃないですか(笑)

   それで勉強始めてみました。」

最初に学び始めたのは、西洋占星術でしたが、
当時の日本には西洋占星術に関する書籍、情報が少なく、
ホロスコープを時間をかけて書いても自分の納得する結果は出なかったそう。

その後、九星気学などの東洋占星術を勉強するように。

水晶「それでも、昔の占いって女性の運気は詳しく書いてないし、
   良いこと全く書いてないし!どの占いでも、私、良いこと書いてなくって...
   じゃあこの占いは?こっちは?って、どんどん占いを研究するようになりました。
   最初に、すごく良いこと言われていたら、ここまで占いにハマってなかったと思います。」

杏子「そこからプロになるってすごいことですよね。
   学校を卒業すると就職とかもありますよね?」

水晶「はい、普通に就職してお仕事していました。
   ただ、途中からライティングの仕事になったので、占いを書くことも始めました。」


そんな水晶さんの最新著書『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2023』が大ヒット中!
オリエンタル占星術は、空海が中国から伝えたとされる ”宿曜経” を元にし、

12星座も掛け合わせている、水晶さんオリジナルの占いです。

新著には、2023年の運勢ランキングも書かれており...杏子は121位、松室は75位。

水晶「本当に申し訳ないですけど、下の方になってしまうと凹むって言われてしまいます...」

杏子「でも、それをどう良い方向に向けるかっていう、アドバイスが書いてありますもんね!」

松室「新しいことはこのタイミングで、とか、この日はこれをっていうのが詳しく書かれてますね。」

杏子「私、年末、集まった人全員の分をこの本で占います(笑)玉子ジュニアとして!(笑)」

全員に共通する2023年のラッキーカラーは、緑と赤。

本を持っているだけで運気UPするように、と緑と赤を表紙に使用されたそう


来週も、まだまだ最新著書『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2023』を深掘りします!


M1.  View  /  スキマスイッチ 

M2.  愛だけは間違いないからね  /  松室政哉