都内では医療体制がひっ迫、不要不急の外出自粛を

PLAY

都内では医療体制がひっ迫、不要不急の外出自粛を

東京都はきのう「モニタリング会議」を開き、専門家は感染状況について「新規陽性者数がこれまで経験したことのない速度で増加している」と指摘。新規感染者の急増に対応する病床を確保するためには、一般の医療をさらに縮小せざるをえない」と、強い危機感を示しました。