復興バーRadio~Think Next 10 Years~ 第3回 髙橋博之(ポケットマルシェ 代表取締役CEO)

PLAY

復興バーRadio~Think Next 10 Years~ 第3回 髙橋博之(ポケットマルシェ 代表取締役CEO)

『復興バーRadio~Think Next 10 Years~』
今夜も、常連客・高橋万里恵がご案内します。

◆第3回のお客様は、【髙橋博之(Hiroyuki Takahashi)】さん。
岩手県花巻市出身で、震災後に立ち上げた食べ物付きの会員誌『東北食べる通信』が話題に。更に、地方の生産者と全国の消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム『ポケットマルシェ』は、現在約23万人がユーザー登録と、地方の生産者と食の魅力を全国に届けるパイプ役を担っています。
高橋万里恵とは度々取材でお会いしてきた仲の二人。宮城県秋保ワイナリーのワインを飲みながら語りはじめたのは・・・

髙橋:
「僕の住んでいる花巻市は内陸で被災していないので、震災の後に、漁師の友達ができたり、農産物の生産者と会うようになって。“これがこの人たちの日常か…!”と思うと、リスペクトしかないんですよね。“食”の意味が変わりましたね・・」

生産者のストーリーが読める雑誌と実際の食材がセットになって届く『食べる通信』は、今や全国展開に発展し、「食」や「地方」に対する消費者の気持ちの変化を生み出しました。そして、生産物の流通の在り方をも変えた『ポケットマルシェ』は、最近ではJR東日本との連携による新幹線を活用した荷物輸送の次世代マルシェを開催、オンラインイベントも多数開催するなど、コロナ禍の中で、よりその意義を高めています。
https://poke-m.com/
髙橋さんの持つ革新的なアイディアと挑戦的なエネルギーの根底にあるものは…!?
つづきは是非、AuDeeでお楽しみください♪

★イベント【Think Next 10 Years】髙橋さん登壇のオンラインイベント   
・『食から生態系を考える』(3月19日より配信中)
 https://www.youtube.com/watch?v=J-2bKbxfK2o
・有楽町microではパネル展「Think Next 10 Years」を開催中(3月31日まで)
詳しくは、https://thinknext10years.com をチェック!

「復興バーRadio」第4回は、Think Next 10 Yearsを開催中の有楽町micro/SAAIのプロジェクト【Mico STARs Dev.】でプロデューサーも務める、評論家・宇野常寛さんをお迎えします。