「時短要請に頼らない対策を」東京都医師会 会見より

PLAY

「時短要請に頼らない対策を」東京都医師会 会見より

厚生労働省は14日、感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株について、全国で計3564人確認されたと発表しました。前週比ではおよそ1500人の増加で最も増え幅が大きかったのは東京都でした。

こうした中、東京都医師会は定例の記者会見で、都内の感染状況について「第4波の入り口にある。」と述べ「感染の急増を防止するためには、変異株の増加を防ぐことが重要」と改めて感染予防策の徹底を呼び掛けました。

一方尾崎会長は「時短要請に頼らない対策をそろそろ模索していくべきだ」と提言しました。