■第371話「天にのっとって、私心を捨てる」 夏目漱石

PLAY

■第371話「天にのっとって、私心を捨てる」 夏目漱石

371話 「天にのっとって、私心(ししん)を捨てる」

日本の文豪2 夏目漱石

 

■今年、生誕155年を迎える文豪・夏目漱石。

新宿区漱石山房記念館は、5周年。

亡くなるまでの9年間を過ごした早稲田南町の邸宅跡に建てられています。

記念館には、書斎や、漱石がよく過ごしていたというベランダ式の回廊、

庭にあった植物の数々も再現しています。

 

■「三四郎」「こころ」「道草」などを執筆したこの家には、

毎週木曜日、漱石の門下生たちが集まりました。

彼らの議論をただ静かに見守り続けた漱石。

天に則って、私心を捨てる、「則天去私」の心境にいたるまでの

漱石の苦しみ、彼が残した明日への便りとは?