一般的に地球から高度何km以上で宇宙と呼ばれるか。

PLAY

一般的に地球から高度何km以上で宇宙と呼ばれるか。

解説は、京都大学岡山天文台 戸田さんです。

問題にあった「一般的に地球から高度何km以上で宇宙と呼ばれるか。」

正解は、100kmでした。

高度10kmは、積乱雲・入道雲がある高さで、この高度の10km以下で
私たちが住んでいる地球の天気の変化に影響してきます。

また、高度10kmでは、飛行機(ジェット機)が水平飛行するのも高度10km前後です。

高度50kmは、オゾン層の上の端。
高度400kmは、国際宇宙ステーションが飛んでいる高さです。

地球大気と宇宙の間にはっきりとした境目はありませんが、
各分野にて解釈は異なりますが、
一般的に高度100kmから宇宙と呼ばれる。

この高さを専門的には、「カーマンライン」と呼んでいます。

1957年 人類初の人工衛星「スプ―トニック1号」が旧ソ連から打ち上げられました。
さらに、1961年には、旧ソ連の「ガガーリン宇宙飛行士」が宇宙飛行をしました。
わずか1時間48分の地球一周と短い時間でしたが、初めて人類は地球から宇宙へ飛び出したのです。

このときの高度は、181kmから372km
100km以上ですから、宇宙を飛んでいますね!

そののち、1969年 アメリカの有人月探査船「アポロ11号」が、月面着陸に成功しました。
現在、地球から最も遠くの宇宙を飛行している探査機は
1977年にNASAによって打ち上げられ、
1979年に木星に接近、さらに、1980年に土星に接近して探査を行った
惑星探査機「ボイジャー1号」です。

もちろん、無人ではありますが、地球から約240億km
天文単位で表すと、約160天文単位。

これは、地球と太陽の距離の約160倍になります。

解説は、京都大学岡山天文台 戸田さんでした。