#91 秋の田の かりほの庵の とまをあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ

PLAY

#91 秋の田の かりほの庵の とまをあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ

小倉百人一首記念すべき一首目。でも実は天智天皇の作ではない!?なぜこの歌が一首目に選ばれたのか。

いつどの時代も自分より下の、支えてくれる人たちへの接し方が大事。部下や後輩との接し方、気をつけていることはなんですか?