Sound of Oasis

Sound of Oasis

音声コンテンツ

Play

PLAY

サントリー名誉チーフブレンダーと飲むウイスキー「オールド」 Sound of Oasis~COOL SAKE 2024/6/30放送

シンガーソングライターカノンが、毎回、経営者やリーダーをお招きして、経営のお話はもちろんの事、おすすめの音楽や最近の癒しなどなど、きっとあなたのためになるお話が聞けるスペシャルプログラム「GOOD PERSON」。また最終週は、酒サムライ・聴き酒オーガナイザーの妹尾理恵さんのパーソナリティ二人でお送りする「COOL SAKE」。

2024/6/30放送回ではゲストにサントリー株式会社 名誉チーフブレンダーの輿水精一さんをゲストにお迎えして、お送りします。

輿水さんは山梨県出身。1973 年サントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)入社。1976 年より研究センターや貯蔵部門などを経て、1985 年より山崎蒸溜所で勤務。1991 年 40 歳からブレンダーとなり 99 年にチーフブレンダー、現在は名誉チーフブレンダーとして活躍中です。2003 年のインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)にて山崎 12 年が金賞を受賞。翌年 2004 年から ISC の審査員となられます。 「響 21 年」をはじめ、手がけたウイスキーが世界的な酒類コンペティションで多数の最高賞を受賞。2015 年にウイスキー専門誌『ウイスキーマガジン』が認定する「Hall of Fame」(長年に渡りウイスキー業界において特筆すべき貢献を果たした個人に贈る栄誉ある賞)を受賞し、日本人として初めて“ウイスキー殿堂入り”。1998年には「膳」を発表。 「響 12 年」「響 30 年」「山崎 35 年」「山崎 50 年」「白州 25 年」など様々なプレミアムウイスキーを手掛け、世界が認めるジャパニーズウイスキー業界のレジェンド的ブレンダーと称されています。また、日本酒の熟成価値を創造する刻 SAKE 協会の顧問も務めています。今回はそんな輿水さんに奥深いウィスキーのお話、魅力についてじっくり伺います。

そして今回のお酒は番組初のウィスキーです。サントリーウイスキー「オールド」をご紹介します。

20歳以上でお酒が飲めるリスナーさんはサントリーウイスキー「オールド」を飲みながら聴いて頂けるとより楽しめると思います。

TOMITA’S SPIRITのコーナーでは、雑誌の取材で冨田勲さんと対談している輿水さんに当時のお話や作曲とブレンダーの共通点を伺いました。また、なかなか聞けないブレンダーのお仕事やウィスキー造りのあれこれ。そして刻SAKE協会より2022年に発売された日本酒の熟成酒をブレンドしたお話も伺いました。