年間300食もの駅弁を食すフォトジャーナリスト・櫻井寛 おすすめの「駅弁」3選とは?

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」(毎週日曜15:00~15:50)。4月7日(日)の放送は、フォトジャーナリストの櫻井寛(さくらい・かん)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(写真左から)小山薫堂、櫻井寛さん、宇賀なつみ



◆年間約300食の駅弁を食すスペシャリスト!

この日の放送で、当番組は6年目に突入。小山は開口一番「うわぁ~、すごい! うれしいですね~」と喜びの表情を浮かべると、宇賀は「10年、20年と続けていきたいと思っておりますので、皆さん、新しい年度もどうぞよろしくお願いいたします」と気持ちを新たに。

そんな6年目一発目となる放送では、4月10日が「駅弁の日」ということにちなんで、駅弁にフィーチャー!

今回のゲスト、櫻井さんは鉄道写真家としても知られ、これまで鉄道の写真を撮影するために訪れた国は95ヵ国。そんな櫻井さんが鉄道好きになったのは、「駅弁食べたさに鉄道に乗るようになったこと」がきっかけでした。

年間およそ300食もの駅弁を食すという櫻井さんが最初に好きになった駅弁は、群馬県・横川駅の「峠の釜めし」で、「長野の小諸の生まれですから、東京に出るときに必ず横川を通るんですね。それがすごいご馳走だったんです」とその理由を語ります。

◆日本全国を巡る鉄道写真家おすすめの駅弁3選

今回、日本全国の駅弁に詳しい櫻井さんに、おすすめの駅弁3つを用意していただきました。

①三重県・松阪駅「松阪でアッツアツ牛めしに出会う!!」

櫻井さんが1つ目のおすすめとして挙げたのは、漫画「駅弁ひとり旅」(監修・櫻井寛さん/作画・はやせ淳さん)とのコラボ駅弁。櫻井さんによると、「ナルホット」という加熱機能付きの容器に入ったこの駅弁は、ヒモを引っ張るだけで温かい状態で味わえる一品です。

フタを開けるや否や、宇賀は「うわぁ、すご~い!」と大興奮。「これはたまらないわ。お肉が“絶対においしいでしょ”っていう見た目をしています」と声を弾ませると、櫻井さんは「これは、国産黒毛和牛。それも肉質はA4とA5ランクですから、最高級の牛肉です!」と解説します。

早速、ひと口頬張ると、宇賀は「おいしい~! お肉が柔らかいし、しっかりお味がついているし。ちゃんと脂も感じられるけど、全然くどくないというか」とご満悦の様子。ちなみに、こちらの駅弁は、オンラインでも購入可能だそうです。


「松阪でアッツアツ牛めしに出会う!!」



②鹿児島県・嘉例川駅の「花の待つ駅 かれい川」

2つ目のおすすめは、櫻井さんが「九州を代表する駅弁」と評する一品。JR九州では「九州駅弁グランプリ」、JR東日本では「駅弁味の陣」を毎年開催していることもあり、両エリアは駅弁の数自体が多いということです。

そんな駅弁激戦区である九州の「第14回九州駅弁グランプリ」で2年連続でグランプリに輝いたこちらの駅弁は、「畑で採れたものが中心です。鶏も含めてね」と話す櫻井さんの言葉通り、地元食材を堪能できる駅弁となっています。

こちらも早速口に運ぶと、宇賀は「本当においしい お弁当ってどうしても味が濃くなりがちじゃないですか。こちらは料亭のお弁当って感じ」と絶賛。小山が「生姜がめちゃくちゃおいしいですね。生姜の佃煮みたいなやつ」とその味わいに驚くと、「それだけでご飯が食べられますよね」と櫻井さんはうれしそうな表情を浮かべます。


「花の待つ駅 かれい川」



③新潟県・直江津駅 上越妙高駅の「二大将軍弁当」

最後に挙げたおすすめ駅弁は、金沢~敦賀間が3月16日(土)に開業したことでも話題の北陸新幹線の沿線からセレクト。

こちらは櫻井さんいわく、JR東日本による駅弁コンテスト「駅弁味の陣」で最高賞にあたる“駅弁大将軍”に2012年に輝いた「鱈めし」と、2019年に受賞した「さけめし」を半分ずつ盛り込んだ、まさにいいとこどりの一品です。

「私は行くたびに、(「鱈めし」と「さけめし」を)2つとも食べたくなるんですけど、お腹がいっぱいになっちゃうので、何とか両方食べたいなと思っていたら、両方を合体させて、ちょうど1人前の『二大将軍弁当』ができたわけです」と櫻井さん。

そんな「二大将軍弁当」のフタを開けた宇賀は、「キャーッ! すご~い!」と声を弾ませます。「さけめしにはいくらが付いているし、鱈めしにはたらこが付いていますね! どっちからいこうかな……」と迷いつつも、鱈から味わってみると「ん~、おいしい~!」と思わず笑みがこぼれます。

一方、さけめしから食した小山は、「ん~、うまい! このさけもすごいですよ。なかに塩昆布が入っていますね」と箸が止まりません。


「二大将軍弁当」



櫻井さんがおすすめする絶品の駅弁3つを堪能した2人。すると、小山から「僕、企画をひらめきました、『サンポス駅弁大賞』。櫻井さんを最高顧問に迎えてやるのはどうですか?」と新たな企画案が飛び出します。

これに触発されるかのように、宇賀からも「それか、定期的に櫻井さんに来ていただいて、今のベスト3(の駅弁)を紹介してもらうとか。春と秋の行楽の時期の名物企画にしませんか?」とのアイデアが。

そんな2人の言葉に、「やろうと思えば、(春・秋だけでなく)四季でできます!」と自信たっぷりに答える櫻井さんでした。

----------------------------------------------------
4月7日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年4月15日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

コンテンツ一覧

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年4月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年4月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年3月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年3月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年2月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年2月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年1月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2024年1月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年12月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年12月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年11月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年11月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年10月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年10月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年9月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年9月

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年8月 音声

日本郵便SUNDAY'S POST番外編「心のままに」2023年8月

年300日旅するアラサー夫婦「くぼたび」おすすめスポットとは?「海に道が現れて向こうの島まで歩いて渡ることができる…」 記事

年300日旅するアラサー夫婦「くぼたび」おすすめスポットとは?「海に道が現れて向こうの島まで歩いて渡ることができる…」

25周年「よこはま動物園ズーラシア」村田浩一園長が語る“最も飼育が難しい”と感じた動物とは? 記事

25周年「よこはま動物園ズーラシア」村田浩一園長が語る“最も飼育が難しい”と感じた動物とは?

年間300食もの駅弁を食すフォトジャーナリスト・櫻井寛 おすすめの「駅弁」3選とは? 記事

年間300食もの駅弁を食すフォトジャーナリスト・櫻井寛 おすすめの「駅弁」3選とは?

丸山桂里奈、愛娘にサッカーはやってほしくない?「どうにかやらせない方向に(笑)」「アートとかに目覚めてくれたら嬉しい」 記事

丸山桂里奈、愛娘にサッカーはやってほしくない?「どうにかやらせない方向に(笑)」「アートとかに目覚めてくれたら嬉しい」

芸歴50年超の女流講談師・桃川鶴女、ラジオ番組で演目を生披露! 宇賀なつみ感激「歴史の授業が、全部講談だったらいいのに…」 記事

芸歴50年超の女流講談師・桃川鶴女、ラジオ番組で演目を生披露! 宇賀なつみ感激「歴史の授業が、全部講談だったらいいのに…」

立川談志師匠「信用というのは理不尽の連続だ!」立川志の輔、駆け出し時代のエピソードを振り返る 記事

立川談志師匠「信用というのは理不尽の連続だ!」立川志の輔、駆け出し時代のエピソードを振り返る

短くも激動の時代だった“大正時代”を深掘り 日本近代文学研究者「ものすごく若者の生命力が盛んで、混沌としていた時代」 記事

短くも激動の時代だった“大正時代”を深掘り 日本近代文学研究者「ものすごく若者の生命力が盛んで、混沌としていた時代」

ブルーインパルス 最接近する際の間隔「速度約800km/hで約90cm」に小山薫堂&宇賀なつみも驚愕 記事

ブルーインパルス 最接近する際の間隔「速度約800km/hで約90cm」に小山薫堂&宇賀なつみも驚愕

宮城県東松島市 海苔漁師こだわりの味に宇賀なつみ「日本酒とか欲しいですね(笑)」 記事

宮城県東松島市 海苔漁師こだわりの味に宇賀なつみ「日本酒とか欲しいですね(笑)」