4月2日(火) ところで浪曲ってなに?という疑問を浪曲師・玉川太福が教えます!

今週から火曜日担当の浪曲師・玉川太福が浪曲について教えます。


▼音声はコチラから!
http://park.gsj.mobi/voice/show/11760







〇浪曲とは“演芸”であり、庶民の娯楽。(落語の親戚!)

〇落語と同じように複数の人を一人の話し手が演じるが、
浪曲ではセリフの部分を「啖呵」という。(“啖呵をきる”の啖呵!)

〇そして落語との一番の違いは、三味線の伴奏が入るところ!
そこに浪曲師は歌う(うなる)という形式を2人で進めていく。
※講談も伴奏は入らない!


〇伴奏のメロディは特に決まっておらず、○○節というのを浪曲師が作ることができる。

〇娯楽がラジオしかなかった時代は、浪曲の人気全盛期だった。

〇浪曲の演目は講談の話、落語、芝居、文学、ニュースなどなんでもアリ!

〇浪曲は浅草の木馬亭で聴くことができる。
  ※大阪では一心寺の近くで!



▼玉川太福 - Twitter
https://twitter.com/tamagawadaifuku