あすな

あすな

あすな

フルート吹きの父、ピアノ弾きの母の元に生まれ、3歳よりヴァイオリンを、5歳よりピアノを始める。\n歌うことが好きで、地元の児童合唱団に所属し、中学校では吹奏楽部でトロンボーンパートを担当。\n幼少期よりオーケストラの演奏会に数多く足を運んだことから、指揮者にも興味を持つなど、クラシック漬けの日々を送る。