小説「これはただの夏」発売直前に燃え殻・二村ヒトシが考える「身の丈にあった仕事」「逃げること」そして「小説を書くということ」。。。

PLAY

小説「これはただの夏」発売直前に燃え殻・二村ヒトシが考える「身の丈にあった仕事」「逃げること」そして「小説を書くということ」。。。

image イラスト by クボタヒロコ(@kubotahiroko)
二村ヒトシ・燃え殻 夜のまたたび  第40回