#7 明けぬれば くるるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

PLAY

#7 明けぬれば くるるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

雪の朝のつらい別れ。
少しでも長く一緒にいたい、少しでも早くまた会いたいという想い。
技巧凝らさずストレートに詠まれた、素直な気持ちです。