鈴木おさむ“小説SMAP”メディアでの取り上げられ方に言及「テレビの本ですが、やはりテレビでは紹介しにくいわけです」

科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 4月13日(土)、4月20日(土)の放送ゲストは、ベストセラー作家への道を歩んでいる、元放送作家の鈴木おさむさんです。20日(土)の放送では、著書である“小説SMAP”こと『もう明日が待っている』(文藝春秋)の内容や、出版前の裏話などについて伺いました。


鈴木おさむさん



1972年生まれ、千葉県出身の鈴木さん。19歳で放送作家としてデビューし、それから32年間、さまざまなコンテンツを生み出してきました。
2024年3月末をもって放送作家・脚本家を引退。現在は、「スタートアップファクトリー」を立ち上げ、スタートアップ企業の若者たちの応援を始め、コンサル、講演などもおこなっています。
3月27日(水)に刊行した著書『もう明日が待っている』は、発売2日で累計発行部数15万部を突破。同著の著者印税は、すべて能登半島地震の義援金として寄付されます。

またTOKYO FMでは現在、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー・陣さんとともに音楽チャートラジオ番組「JUMP UP MELODIES」(毎週金曜13:00~14:55)のパーソナリティもつとめています。



鈴木:(『もう明日が待っている』には)「黒林さん」というプロデューサーも出てきます。(本名は)黒木(彰一)さんと言って、54歳でお亡くなりになられた方です。ずっと一緒に番組を作っていて、この(小説の)なかでもマイケル・ジャクソンを(SMAP×SMAPに)引っ張ってきた、すごくファニーなキャラクターの人です。

茂木:あれもすごいことでしたね。

鈴木:そうです。マイケル・ジャクソンを呼んでね。「まぁ、小説だからいいか」ということで、呼んだ金額まで書いているんですけど(笑)。その黒木さんがご病気で、「もしかしたら危ないかも」と思って。だから今回、よりスタッフの話を残したんですよ。

ちょうど、この本のゲラ(※誤字・脱字などのチェックをおこなうために仮に印刷した印刷物)が全部出てきたときに、黒木さんのご病気が少し悪くなって、「会いたい」と言われて会ってきたんです。

それが金曜日だったのですが、(出版元の)文藝春秋に頼んで、ゲラをまとめて表紙を付けて仮の本にして渡すことができたんですよね。たぶん読んでくれて、その夜に「おもしろかったです。ありがとうございます」というメールが来ました。シンプルな文でしたが、メールを打つのもしんどかったと思います。なぜなら、金曜日に読んでいただいて、月曜日の夜にお亡くなりになられましたから。それぐらい体力的にも限界のなかで(本を読んで、メールをくださった)。

茂木:でも、間に合ってよかったですね。

鈴木:そうなんです。それでお葬式に行ったら、娘さんが「うちの父は本を読むのが本当に好きな人で、最後の本がこの本になりました」と言ってくれて。だからそこも含めて、僕らスタッフのなかでも本当に最後に「〇(丸)」を付けることができたというのもあります。

でも僕がおもしろいなと思うのは、テレビのためにずっとやってきて、言ってみれば(『もう明日が待っている』は)テレビの本なんですけど、やはりテレビでは紹介しにくいわけですよ。

茂木:いろいろな事情でね。

鈴木:はい。テレビのランキング番組の“(小説売上)ランキング”に入っているのですが、(紹介されるのはタイトル名と僕の名前)「『もう明日が待っている』鈴木おさむ」だけで、SMAPの「ス」の字も言わない。

それは仕方がないんです。だけど、放送作家が最後にテレビの本を書いて、それがテレビで紹介されないというのもおもしろいし、だからこそ絶対にミリオン(100万部)売れてほしいと思います。

番組では他にも、鈴木さんが今後の目標について語る場面もありました。


(左から)鈴木おさむさん、茂木健一郎



<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

コンテンツ一覧

#225 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#225 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#224 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#224 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#223 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#223 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#222 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#222 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#221 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#221 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#220 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#220 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#219 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#219 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#218 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#218 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#217 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#217 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

鈴木おさむ“小説SMAP”印税は全額募金「100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います」 記事

鈴木おさむ“小説SMAP”印税は全額募金「100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います」

鈴木おさむ“小説SMAP”メディアでの取り上げられ方に言及「テレビの本ですが、やはりテレビでは紹介しにくいわけです」 記事

鈴木おさむ“小説SMAP”メディアでの取り上げられ方に言及「テレビの本ですが、やはりテレビでは紹介しにくいわけです」

「小さなネジのズレが、いつの間にか…」“小説SMAP”に鈴木おさむ視点で描かれた、SMAP謝罪放送の1日 記事

「小さなネジのズレが、いつの間にか…」“小説SMAP”に鈴木おさむ視点で描かれた、SMAP謝罪放送の1日

茂木健一郎「SMAPがいた時代って良かったな」鈴木おさむの“小説SMAP”を読み終えた印象を語る 記事

茂木健一郎「SMAPがいた時代って良かったな」鈴木おさむの“小説SMAP”を読み終えた印象を語る

SMAP人気の秘密は、根本にある“男らしさ”!? 鈴木おさむ「アイドル、タレントとしてどうかというよりも…」 記事

SMAP人気の秘密は、根本にある“男らしさ”!? 鈴木おさむ「アイドル、タレントとしてどうかというよりも…」

鈴木おさむ、元SMAP森且行脱退当時を回顧「『本当に辞めるのか?』ってなりました」 記事

鈴木おさむ、元SMAP森且行脱退当時を回顧「『本当に辞めるのか?』ってなりました」

鈴木おさむ 時代の変わり目で愛されたSMAPと、トレンドの流れを振り返る「アイドルの在り方が変わった」 記事

鈴木おさむ 時代の変わり目で愛されたSMAPと、トレンドの流れを振り返る「アイドルの在り方が変わった」

鈴木おさむ「SMAPが解散してから…」放送作家引退を決意した当時の心境を振り返る 記事

鈴木おさむ「SMAPが解散してから…」放送作家引退を決意した当時の心境を振り返る

日本と比べて「海外マラソン」は敷居が低い!? 世界各国のマラソン大会に挑戦する海外マラソンコレクター・鈴木ゆうりが大切にする信念とは? 記事

日本と比べて「海外マラソン」は敷居が低い!? 世界各国のマラソン大会に挑戦する海外マラソンコレクター・鈴木ゆうりが大切にする信念とは?