鈴木おさむ“小説SMAP”印税は全額募金「100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います」

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 4月13日(土)、4月20日(土)の放送ゲストは、ベストセラー作家への道を歩んでいる、元放送作家の鈴木おさむさんです。20日(土)の放送では、“小説SMAP”こと『もう明日が待っている』(文藝春秋)を出版した鈴木さんが、「今後の夢」などについて語りました。


鈴木おさむさん



1972年生まれ、千葉県出身の鈴木さん。19歳で放送作家としてデビューし、それから32年間、さまざまなコンテンツを生み出してきました。
2024年3月末をもって放送作家・脚本家を引退。現在は、「スタートアップファクトリー」を立ち上げ、スタートアップ企業の若者たちの応援を始め、コンサル、講演などもおこなっています。
3月27日(水)に刊行した著書『もう明日が待っている』は、発売2日で累計発行部数15万部を突破。同著の著者印税は、すべて能登半島地震の義援金として寄付されます。

またTOKYO FMでは現在、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー・陣さんとともに音楽チャートラジオ番組「JUMP UP MELODIES」(毎週金曜13:00~14:55)のパーソナリティもつとめています。

◆100万人に読まれる大ベストセラーを目指して

鈴木:僕の「夢と挑戦」で言うと、もちろん自分には、これからの挑戦とか夢もありますが、今は、自分が(放送作家を)辞めないと出せなかったこの本を、たくさんの人に読んでもらいたいです。今回、僕は『もう明日が待っている』の印税を全額募金していますが、これが100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います。

茂木:あらためて、鈴木さんの今後の人生での「夢と挑戦」は何ですか?

鈴木:僕は自分の事務所の地下で、ずっとシェアオフィスをやっているんです。若手のスタートアップ企業の方と出会ってきたので、今後はベンチャーファンドを立ち上げたいです。

僕は今まで、テレビ番組を「コンテンツ」と捉えて育ててきました。だから、若手の起業家と会社をコンテンツと捉えて、彼らを応援して、ユニコーン企業(※設立から10年以内で、企業評価額が10億ドル以上の未上場ベンチャー企業のこと)を育てたいと思っています。

茂木:鈴木さんの奥さんの大島美幸さん(森三中)が心配して「私が稼ぐ」と言っていましたが、じゃあ大丈夫ですね!

鈴木:分からないです(笑)。自分でも1回手放さないと、もうその上はないので。

茂木:なるほど(笑)。鈴木さんはますます素敵な方になると思うので、ぜひその新しい企てについて、この番組でもいろいろお伺いさせていただけたらと思います。『もう明日が待っている』を書いてくださって、本当にありがとうございます。日本人の癒やしになるんじゃないですかね。

鈴木:はい。あと、この本は“仲間の物語”なので、大人の男の人にこそ読んでほしいなと思っています。今の世の中、会社のなかでは、なかなか“仲間”とか言いにくいじゃないですか。(上司が部下に対して)「一緒に飲みに行くぞ」と誘っても怒られる時代なので(笑)。そんな仲間に飢えている人に、仲間というものを再認識して、仲間の良さを分かってもらえたらと思います。

番組では他にも、著書『もう明日が待っている』出版前の裏話などについて語る場面もありました。


(左から)鈴木おさむさん、茂木健一郎



<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

コンテンツ一覧

#223 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#223 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#222 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#222 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#221 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#221 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#220 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#220 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#219 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#219 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#218 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#218 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#217 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#217 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#216 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#216 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

#215 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」 音声

#215 「茂木健一郎のポジティブ脳教室」

鈴木おさむ“小説SMAP”印税は全額募金「100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います」 記事

鈴木おさむ“小説SMAP”印税は全額募金「100万人の人に読まれて、あらためて彼らのすごさが伝わるといいなと思います」

鈴木おさむ“小説SMAP”メディアでの取り上げられ方に言及「テレビの本ですが、やはりテレビでは紹介しにくいわけです」 記事

鈴木おさむ“小説SMAP”メディアでの取り上げられ方に言及「テレビの本ですが、やはりテレビでは紹介しにくいわけです」

「小さなネジのズレが、いつの間にか…」“小説SMAP”に鈴木おさむ視点で描かれた、SMAP謝罪放送の1日 記事

「小さなネジのズレが、いつの間にか…」“小説SMAP”に鈴木おさむ視点で描かれた、SMAP謝罪放送の1日

茂木健一郎「SMAPがいた時代って良かったな」鈴木おさむの“小説SMAP”を読み終えた印象を語る 記事

茂木健一郎「SMAPがいた時代って良かったな」鈴木おさむの“小説SMAP”を読み終えた印象を語る

SMAP人気の秘密は、根本にある“男らしさ”!? 鈴木おさむ「アイドル、タレントとしてどうかというよりも…」 記事

SMAP人気の秘密は、根本にある“男らしさ”!? 鈴木おさむ「アイドル、タレントとしてどうかというよりも…」

鈴木おさむ、元SMAP森且行脱退当時を回顧「『本当に辞めるのか?』ってなりました」 記事

鈴木おさむ、元SMAP森且行脱退当時を回顧「『本当に辞めるのか?』ってなりました」

鈴木おさむ 時代の変わり目で愛されたSMAPと、トレンドの流れを振り返る「アイドルの在り方が変わった」 記事

鈴木おさむ 時代の変わり目で愛されたSMAPと、トレンドの流れを振り返る「アイドルの在り方が変わった」

鈴木おさむ「SMAPが解散してから…」放送作家引退を決意した当時の心境を振り返る 記事

鈴木おさむ「SMAPが解散してから…」放送作家引退を決意した当時の心境を振り返る

日本と比べて「海外マラソン」は敷居が低い!? 世界各国のマラソン大会に挑戦する海外マラソンコレクター・鈴木ゆうりが大切にする信念とは? 記事

日本と比べて「海外マラソン」は敷居が低い!? 世界各国のマラソン大会に挑戦する海外マラソンコレクター・鈴木ゆうりが大切にする信念とは?