水産業界の構造改革をめざして!生産者と飲食店をつなぐ「魚ポチ」という事業

『お店ラジオ』にようこそ!
パーソナリティは、事業投資家の三戸政和さんと、スマレジ代表の山本博士さん。
ゲストは、株式会社フーディソンの代表取締役CEO、山本徹さんでした。

240228山本様_029.jpg

今回は番組初となる水産業界のお話です。
株式会社フーディソンは、水産業界の問題解決に向けて、流通のプラットフォーム化を目標に事業展開している会社。
飲食店向けの食品ECサイト「魚ポチ」、鮮魚セレクトショップ「sakana bacca」、人材紹介サービス「フード人材バンク」が主な事業で、飛躍的な成長を遂げています。

そもそも山本さんが水産業界に参入したきっかけは、サンマ漁を営む漁師さんとの会話だったのだとか。
「居酒屋でたまたま出会ったサンマの漁師さんが『全然儲からない』と言っていて。今だったら一尾200円超えるぐらいだけど、当時は一尾100円を切るぐらいで売っていたんですね。サンマをとっている漁師さんが、子供にも継がせないし、もう辞めたいって言っているのは、何かおかしなことが起きているなと感じたんです。そこには大きなニーズがあって、解消されていない問題があるのかもしれない、ということで始めたのがきっかけですね」

漁師さんの話に違和感を覚えた山本さんは、業界の流通に課題を見つけます。
例えば…
「スーパーマーケット側のバイイングパワーが強くて、多種多様な魚があったとしても、まとまった魚しか都市部に送られてこない…とか。要は市場ってのは、欲しいものを集める機能なんですね。基本的には、市場を介して、量販店が欲しい魚を集めていくっていうのに最適化されているんです。売れ筋でいうと、マグロやタイ、サバ、イワシ、アジとかですね。飲食店に流れやすいものも、売れ筋から流れていくわけなんです。都市部に流れるものは、上位の一部だけがきているという状態。だから、産地に行ったときに、異常に美味しい魚が、不思議なほど安く居酒屋さんにあったりするじゃないですか。それは、東京ではまとまったニーズがないので、地元で売るしかないってことなんですね」
へえー!そんな裏側があったなんて!
まとまったニーズのない魚、つまり量販店が求める売れ筋ではない魚は、東京で売れるか売れないか分からないため、そこにコストをかけるぐらいなら地元で安くても金額に換算しておく、といったことが起きていると山本さんは言います。

「生産サイドから見ると、『本当はもっと価値付けして買ってくれるはずなのになぁ~』と思っている商品って、産地にいっぱいあったりするんです」

そういった魚と販売店を「つなげられるんじゃないか?」と考えた山本さん。
「それを一部具現化しているのが『魚ポチ』というサービスです。業界全体で魚を買うプレーヤーはいっぱいいますけど、その中で“中小飲食店”だけを捉えても、全国で45万軒ぐらいあるんですね。まずは、そのお客さまだけにフォーカスして始めているのが、飲食店向けの『魚ポチ』。さっき話したような、産地でちょっとしか水揚げされていないので地元で売ろう…となっている商品を、僕らが買って値付けしている。そして、今まで届かなかった魚を東京の飲食店に届けています」
飲食店向けの食品ECサイトを立ち上げ、これまで漁師さんが二束三文で売っていた魚に、“東京で価格をつける”といったことを実現したのですね!
しかしご本人曰く、「まだ一部」とのこと。
「サンマに対してインパクトを出すのは、まだそこまでのチカラはないかなと思います。売るチカラを僕らが持っていないといけない。売るチカラっていうのは、スーパーマーケットに対して売るっていうことだと思うんですけど、僕らが間に介在する価値って何があるか?ということなんですよね。市場から直接届くのと、僕らを介して届くのと、何か価値があるんであれば介在できると思うんですけど、そこのバリューがまだ明確ではないです」

まだまだ挑戦中だと語る山本さん。
本当に最初に始めたことは、小売業である鮮魚店だったそうです。
今はもう手放したお店ですが、その時の経験やつながりをもとに、現在、東京で鮮魚セレクトショップ「sakana bacca」を展開しています。
今回は、その当時のお話も深掘り!
鮮魚店の始め方から仕入先の開拓、開拓の具体的な流れ、当時のチャレンジと失敗話まで、是非アーカイブでお聞きくださいね。
最初は相当の苦労をされたそうですが、そこで諦めなかったから今があります。
また次回、続きをお楽しみに~!


★疑問・質問も募集中

この「お店ラジオ」では、三戸政和さんと山本博士さんへのメッセージもお待ちしております。

2人への質問、ちょっとした疑問、相談したいこと、番組の感想・応援・グチなど、何でも送ってきてください^^

メッセージの宛先は、omise@interfm.jp です。

 

★アーカイブのご案内

radikoのタイムフリー(放送から1週間限定)https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220130210000

AuDee https://audee.jp/program/show/100000309

Youtube https://www.youtube.com/channel/UCKIaAZrcBJvCTCoBv2K6VLg

Spotify https://open.spotify.com/show/2V2MhGQPxgZ4kE1ibz5r8H

Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8/id1593150923?l=en

Google Podcast https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9waXRwYS5qcC9yc3MvMDA0?hl=ja

Amazon Music

https://music.amazon.co.jp/podcasts/419a5631-9e6d-4b14-b46d-75d0de56fba5/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8?refMarker=dm_wcp_af_r&ref=dm_sh_xNFkEI6BBsdb59GBCtIzW6BIY&

 

それでは皆様、またのご来店お待ちしております!

 



コンテンツ一覧

お店ラジオ supported by スマレジ #132 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #132

お店ラジオ supported by スマレジ #131 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #131

お店ラジオ supported by スマレジ #130 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #130

お店ラジオ supported by スマレジ #129 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #129

お店ラジオ supported by スマレジ #128 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #128

お店ラジオ supported by スマレジ #127 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #127

お店ラジオ supported by スマレジ #126 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #126

お店ラジオ supported by スマレジ #125 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #125

お店ラジオ supported by スマレジ #124 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #124

南インド料理専門店「エリックサウス」。ニッチな業態の成功の裏側 記事

南インド料理専門店「エリックサウス」。ニッチな業態の成功の裏側

人気店「エリックサウス」の総料理長が語る、マニア向けメニューの作り方 記事

人気店「エリックサウス」の総料理長が語る、マニア向けメニューの作り方

おにぎり専門店「まんま」。無いものが売れるのはスニーカーもおにぎりも一緒…? 記事

おにぎり専門店「まんま」。無いものが売れるのはスニーカーもおにぎりも一緒…?

“触られる靴”が売れる?スニーカーショップ「atmos」創設者に聞くブームの裏側 記事

“触られる靴”が売れる?スニーカーショップ「atmos」創設者に聞くブームの裏側

そば業態のポテンシャルは…?「ゆで太郎」が郊外型を広げる理由 記事

そば業態のポテンシャルは…?「ゆで太郎」が郊外型を広げる理由

「ゆで太郎」から学ぶ、職人の技をマニュアル化する方法 記事

「ゆで太郎」から学ぶ、職人の技をマニュアル化する方法

主婦から人気店の経営者へ! 「わざわざ」が山奥でも売れるワケ 記事

主婦から人気店の経営者へ! 「わざわざ」が山奥でも売れるワケ

人と人をつなぎ、最適な物流で美味しさを届ける。 「フード人材バンク」「sakana bacca」とは? 記事

人と人をつなぎ、最適な物流で美味しさを届ける。 「フード人材バンク」「sakana bacca」とは?

水産業界の構造改革をめざして!生産者と飲食店をつなぐ「魚ポチ」という事業 記事

水産業界の構造改革をめざして!生産者と飲食店をつなぐ「魚ポチ」という事業