起死回生の策、家庭の食卓に「かき小屋」というエンタメを提供!

ゲスト:かき小屋 福山港店のオーナー 丹下工さん 株式会社SHIFの代表取締役 丹下大さん


(写真左:タクミさん 写真右:マサルさん)

「お店ラジオ」にようこそ!
パーソナリティは、事業投資家の三戸政和さんと、スマレジ代表の山本博士さん。

そしてゲストは、先週に引き続き、
広島にある『かき小屋 福山港店』のオーナー、丹下工(たんげ・たくみ)さんと、
株式会社SHIFの代表取締役、丹下大(まさる)さんでした。
2人合わせて、丹下ブラザーズ!!笑
工(たくみ)さんがお兄様で、大(まさる)さんが弟さんです。

さて先週の続き、兄弟コラボで見事V字回復を果たした「かき小屋」ですが、去年の今頃は、コロナの影響で土日でもお客さまが2〜3組しかいない時もあり、売り上げが激減しました。
そこで弟はこう言います。「兄貴、次はECや」。
お客さまがお店に来られないのなら、全国の人に通信販売で牡蠣を売れ、ということ。
弟の大(まさる)さんには、「これはECで売れる」という確信がありました。

そう確信していた理由の一つは、「かき小屋は外食できない人々にエンタメを提供できる」という考えです。
出来上がった商品は、アルミ缶にぎっしり詰まった殻付き牡蠣を、そのままカセットコンロの火にかけて5分待つだけ!というもの。その名も「かんかん焼き」。缶の中でパンパンと音を出しながら、自動的に蒸し牡蠣ができます。
まさに、家庭のコンロで“かき小屋体験”ができるんですね〜!小さいお子さんに限らず、大人も一緒に楽しめそうです。
また当時、弟から「高い!」と言われた兄は、輸送コストを下げるために交渉して安くしてもらい、発送作業を自分たちの手で行うことにしました。

…と、ここまでお二人のやりとりを聞いていた三戸さんが一言。
「典型的な大企業の社長とベンチャーの社長みたいw」
確かに!ぜひ、このへんをradikoのタイムフリーで聴いて頂きたいです(笑)

三戸さんも思わず笑ったこのやりとりを、弟が「note」に書いてFacebookでシェアしたところ、「やりとりが面白い!」と話題になって、ツイッターでバズりまくり、その結果・・・
なんと、たった1週間で、売り上げが元に戻ったそうです!
兄「何が起こったのか分からない!お店にお客さんいないのに、すっごい忙しいんですよ!」
通信販売だからそうなりますよね(笑)

そうして今、「かき小屋」自体はうまくいっています。しかし、かき小屋はシーズン中だけのお店です。
兄の工(たくみ)さんは次第に、「継続雇用」という夢を抱くようになります。
シーズンオフの夏場をどうするか。従業員たちをどうやって食べさせていこうか。そんなことを考えていたとき、ふとテレビを見たら「フルーツサンド特集」をやっていました。
「これだっ!明日からフルーツサンドを作ろう!」
その週末、さっそく道の駅で販売スタート。行動がはやい!!
その2カ月後には、駅前にフルーツサンドの店舗を持つまでに。

現在、フルーツサンドは月2万個売れています。
実家の1階をフルーツサンド工場に変えて、常時30人の雇用を実現。
かき小屋のシーズンが終わったら、アルバイトの皆さんを次はフルーツサンド作りで雇っているんですね。そういった「継続雇用」しているスタッフの成長のおかげもあって、かき小屋はアルバイトだけで回るようになりました。
そして、それができるのも、ITを活用しているからです。
かき小屋の状態がiPhone一つで全てわかる。
実は、山本さんのスマレジと、弟・大(まさる)さんの株式会社SHIFで協力し合い、かき小屋のDXを進めているんです。モバイルオーダーなどを組み合わせて、料理を運ぶロボットを導入し、人間のワンオペでお店を回せるようにすることが目標です。
実現したら、ますますエンタメ要素たっぷりのお店になりそうですよね〜。本当に楽しみです!

最後に、驚きの事実がわかりましたよ。
8年前の出来事です。出勤時間に遅刻しているスタッフのタイムカードを、別のスタッフが代わりに押しているのを見て、これはいかん!と考えた兄の工(たくみ)さん。
本人しか押せないようなタイムカードを探しまくって、やっと見つけたのが、スマレジのタイムカードだったそうです。こちら、顔写真を撮らないと出勤扱いにならないタイムカードでした。
山本さん曰く、「スマレジのタイムカードをリリースした年の話ですね」とのこと。
実はスマレジの超初期ユーザーだったんですね!(笑)
これには全員大笑いでした。

今週も、本当に内容が盛りだくさん!
いつも聞いている恒例の質問に対する答えですが、今回は割愛(笑)。こちらも是非、radikoのタイムフリーでご確認くださいませー!


★疑問・質問も募集中
この「お店ラジオ」では、三戸政和さんと山本博士さんへのメッセージもお待ちしております。
メッセージを採用させて頂いた方に、番組の「オリジナルステッカー」を差し上げます。
2人への質問、ちょっとした疑問、相談したいこと、番組の感想・応援・グチなど、何でも送ってきてくださいね^^

メッセージの宛先は、omise@interfm.jp です。

それでは、また来週、ご来店お待ちしております!

コンテンツ一覧

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #29

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #28

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #27

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #26

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #25

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #24

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #23

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #22

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #21

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

逆算で成長し続ける「鳥貴族」!均一価格&単一メニュー、“引き算の経営”で全国に広がる人気店へ

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

アイウエアブランド「JINS」からの問い。 竹刀で勝負していませんか?真剣勝負が道を切り拓く

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「エリア・イノベーション・アライアンス」地方で開業する なら地元以外の人をターゲットに!オススメエリアは…?

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

地方創生!「エリア・イノベーション・アライアンス」。 空き店舗に入ったお店が成功するまでが1セット

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「大阪王将」の会長が勧める、開店前の最初の一歩。「100軒のぞき」とは?

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「大阪王将」独自の暖簾分けシステム。職人を育成するから こそ成長できる

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「株式会社ビジョン」のグランピング宿泊施設!経営の裏側 を大公開

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「株式会社ビジョン」のグランピング。ホテルや旅館ででき ない宿泊体験を実現

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「炭火焼肉たむら」は「人」重視。FCを始めるなら経験と情熱を見るべし