「カレーハウス CoCo壱番屋」の選べるシステム ご飯1600g食べきったら無料!が大ヒット

ゲスト:「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者 宗次德二さん

いらっしゃいませ! 事業投資家の三戸政和さんと、スマレジ代表の山本博士さんでお送りする『お店ラジオ』。 ゲストは、先週に引き続き、「カレーハウス CoCo壱番屋」の創業者、宗次德二(むねつぐ・とくじ)さんでした。 さて、ココイチといえば、カレーの辛さやご飯の量を自分好みにできる「選べるシステム」ですよね! このやり方、いつから考えていたのでしょうか? 宗次さんは「店を作ろうと決めた時から」と言います。 オープン当初より「ご飯を好きなだけ食べていただこう!」と考え、ご飯の量を100グラムきざみで設定。そうと決めた宗次さんは、画用紙を用意し、普通の小盛り200グラムから順番に300グラム、400グラム…とメニューを書いていきました。 「そうしたら、1600グラムまで書けたんですね」 1600グラム!!すごい量です(笑) 「何を思ったか、これを食べ切れたら無料にしようと(笑)」 おおっ、いわゆる大食いチャレンジですね~。 このシステムは評判を呼んで、宗次さん曰く「大変なことになった」のだとか。あまりの人気で、やめるにやめられなかったそうです。 こうしてどんどん店舗を増やしていったココイチですが、先週のお話にもあったように、営業方針は「接客重視」。 「戦略なんてないです。その時々を一生懸命やる。私は市場調査もやったことないですし、出店場所の良い悪いの判断もほとんど感覚的なもの」という宗次さん。 スタート時の売上がどれだけ悪くても、「ニコニコ キビキビ ハキハキ」というココイチの社是通りの姿勢で、お客様第一にやっていけば、売上は徐々に上がっていくのだとか。 「それを3年くらいやったら地域の普通のお店と同じ売上、4~5年やったら地域一番になっていくんです」 宗次さんの経営は、とっても長い目で見ていることに驚きです。 その後、53歳という早い段階で、社内の後継者に社長業を譲られた宗次さん。 ご子息に継いで欲しいとは思わなかったのでしょうか。 すると、「最初から一度も継がせようという考えはなかった」と言います。 「4号店の直後に生まれたので、こんな厳しい大変な商売を子供にやってもらいたいとか、やるべきだとか、そんな会話はしないでいこうと思ったんです。だから話し合ったこともないです」 喫茶店から始まり、カレーひとつでここまでお店を広げていく中で、たくさんのご苦労があったのでしょうね…。 そんな宗次さんにとって、お店とは? 「28年間、小さな店を出し続けて、ずっと楽しくて幸せで…。何をやるより、経営が楽しかった。そうやってお店の経営に集中できたからこそ、売上も順調に伸びて、今、後悔はほとんど無いですね」 いつもの質問に、宗次さんはこんなお返事をくださいました。 きっと宗次さんにとってお店は、人生そのものなのでしょう。 最後に、「カレーハウス CoCo壱番屋」は現在、ハウス食品と一緒に世界戦略を巡らせているのだとか。目標は、100カ国2万店舗! に、2万とはすごい…。日本のカレーが世界のスタンダードになる日が来るかもしれませんね! 宗次德二さん、ありがとうございました! ★疑問・質問も募集中 この「お店ラジオ」では、三戸政和さんと山本博士さんへのメッセージもお待ちしております。 2人への質問、ちょっとした疑問、相談したいこと、番組の感想・応援・グチなど、何でも送ってきてください^^ メッセージの宛先は、omise@interfm.jp です。 ★アーカイブのご案内 radikoのタイムフリー(放送から1週間限定)https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220130210000 AuDee https://audee.jp/program/show/100000309 Youtube https://www.youtube.com/channel/UCKIaAZrcBJvCTCoBv2K6VLg Spotify https://open.spotify.com/show/2V2MhGQPxgZ4kE1ibz5r8H Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8/id1593150923?l=en Google Podcast https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9waXRwYS5qcC9yc3MvMDA0?hl=ja Amazon Music https://music.amazon.co.jp/podcasts/419a5631-9e6d-4b14-b46d-75d0de56fba5/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8?refMarker=dm_wcp_af_r&ref=dm_sh_xNFkEI6BBsdb59GBCtIzW6BIY& それでは皆様、またのご来店お待ちしております!

コンテンツ一覧

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #40

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #39

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #38

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #37

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #36

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #35

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #34

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #33

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #32

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

パン屋のFC「小麦の奴隷」には、ホリエモンを使える権利が! LINEグループやZOOMで加盟店とコミュニケーション

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

地方活性化を目指すベーカリーのFC「小麦の奴隷」。 怒涛のFC展開を支えるのは、冷凍生地!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

シャンプーハット・てつじの「帰ってきた宮田麺児」。 宣伝広告費は既存客と従業員に使うべし!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「帰ってきた宮田麺児」シャンプーハット・てつじの金言。 ラーメン開発にかかった時間は勲章、価格設定は正々堂々と!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「花キューピット」の代表だからこそ知っている、 花屋の始め方からノウハウ、魅力まで。

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「花キューピット」のシステムは加盟店にとって、 究極のOne to Oneマーケティング!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「カレーハウス CoCo壱番屋」の選べるシステム ご飯1600g食べきったら無料!が大ヒット

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「カレーハウスCoCo壱番屋」の徹底した接客重視。 毎日1,000通のアンケートハガキを見ていた

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「中川政七商店」の接客ポリシーとは? 工芸の世界の接客は「接心好感(せっしんこうかん)」