「花キューピット」の代表だからこそ知っている、 花屋の始め方からノウハウ、魅力まで。

ゲスト:花キューピット株式会社 代表取締役社長 𠮷川登さん

『お店ラジオ』にようこそ!

パーソナリティは、事業投資家の三戸政和さんと、スマレジ代表の山本博士さん。

ゲストは、先週に引き続き、花キューピット株式会社の代表取締役社長、𠮷川登(よしかわ のぼる)さんでした

 

今回は、お花屋さんの始め方やノウハウなどについて!

そもそもどうやったらお花屋さんになれるのでしょうか?

𠮷川さんがおっしゃるには、二通りあって、「一つはお花が好きで花屋を始めたいと思う人、もう一つは2代目・3代目として後継ぎの人」ということです。

また、JFTD学園日本フラワーカレッジという“学校”もあります。

「おそらく日本で唯一、花屋さんになる学校なんですよ。そこで仕入れから経営、アレンジの仕方など1年かけて学べる。で、卒業したら花屋に就職して独立したり、家の花屋を継いだりしていますね」。

 

では、そうやってお花屋さんになったとして、販売のポイントはどういった部分にあるのでしょう。

「それぞれの店の立地や考え方で全く変わってきます。例えば、青山フラワーマーケットさんは葬儀などやっていないですし、逆に日比谷花壇さんは葬儀や結婚式をメインでやられています。花キューピットの加盟店さんは、地方の名店が多いから、そうすると冠婚葬祭が多くなってくるんです」。

なるほど~。その日に買ってくださる方、冠婚葬祭用に準備される方、どんなお客様をメインにするのかお店によって違うので一概には言えないんですね。

 

「いい花屋さんっていうのは、いつ何時でも、いい花をたくさん揃えている。何か言われたら、すぐに持っていける。それが昔からの、いい花屋さんの概念なのかなと思います」と𠮷川さん。

確かに買う側からしたらそうですよね!でも、売る側からしたら、在庫のロス率が上がっていきそうですが…。

「今、フラワーロスとか言われたりするけど、実はそんなに無いです。家庭用、スタンド花、冠婚葬祭など、用途は色々あるので、それを上手に工夫しながら商品を回していらっしゃるという感じです」。

たくさんのお花屋さんを近くで見ている𠮷川さん、さすがに詳しい!

ということで、どんどん聞いていっちゃいましょう笑

 

具体的な設備でいうと、冷蔵庫は必須ですか?

「花キューピットの加盟店さんは、だいたいどこも冷蔵庫は大きいのを置いていらっしゃいますね。青山フラワーマーケットさんのような、ブーケを店頭に並べて駅前を歩いている人に売るといったビジネスモデルのお店は置いていないと思います」。

 

スタッフは、何人くらい必要ですか?

「最低でも23人は必要。仕入れ、デリバリー、冠婚葬祭などイベントの装飾…と、1人でやるのはなかなか大変です」。

 

お花って、仕入れてから、どのくらい持つのでしょうか?

「どのくらいの蕾で仕入れるか、ですね。お花屋さんは、少しかための蕾を買ってきて、冷蔵庫に入れて保存しておく。咲いているお花が欲しいお客様もいれば、咲いていくのを見たいお客様もいるので」。

わかります~!咲き誇った豪華なスタンドフワラーも見ていて楽しいですが、自宅などに飾って、花開いていく様子を何日もかけて眺めるのも素敵ですよね。

𠮷川さん曰く、「お花屋さんは、そういったことも考えながらやっている。蕾が入っていることで花を見られる期間も長くなる」とのことです。

 

ほかにも、

「これから新規でお花屋さんをやる場合は、観葉植物も含めてインテリア商材として提案していくモデルなら、可能性はすごくあると思います」

「まずはお客様を捕まえて、それから店舗を持つこと」

「一つのマーケティングツールとしてECを捉える。そういった考え方のほうが、店舗ごとのECとしては的確だと思います」

などなど、タメになるお話をたくさん伺うことができました。とてもココで全て紹介できませんので、ぜひアーカイブをお聞きください~!

 

では最後に、いつもの質問です。

「花キューピットさんにとって、お店とは?」。

𠮷川さんのお答えはこちら…「幸せになる場所」。

とくにお花屋さんは、誰も不幸にしない、誰も嫌がらない。そしてお客様はみんな感動を求めてやってきます。「感動を生むための商売をしている」と𠮷川さん。「お花屋さんをやっている方々をたくさん見ているけど、皆さんピュアなんですよね」と教えてくださいました。

幸せを感じられる商売、素敵ですね。私も𠮷川さんのお話を伺って幸せな気持ちに慣れました。

 

 

★疑問・質問も募集中

この「お店ラジオ」では、三戸政和さんと山本博士さんへのメッセージもお待ちしております。

2人への質問、ちょっとした疑問、相談したいこと、番組の感想・応援・グチなど、何でも送ってきてください^^

メッセージの宛先は、omise@interfm.jp です。

 

 

★アーカイブのご案内

radikoのタイムフリー(放送から1週間限定)https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220130210000

AuDee https://audee.jp/program/show/100000309

Youtube https://www.youtube.com/channel/UCKIaAZrcBJvCTCoBv2K6VLg

Spotify https://open.spotify.com/show/2V2MhGQPxgZ4kE1ibz5r8H

Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8/id1593150923?l=en

Google Podcast https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9waXRwYS5qcC9yc3MvMDA0?hl=ja

 

Amazon Music

https://music.amazon.co.jp/podcasts/419a5631-9e6d-4b14-b46d-75d0de56fba5/%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-supported-by-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B8?refMarker=dm_wcp_af_r&ref=dm_sh_xNFkEI6BBsdb59GBCtIzW6BIY&

 

それでは皆様、またのご来店お待ちしております!

コンテンツ一覧

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #41

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #40

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #39

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #38

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #37

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #36

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #35

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #34

お店ラジオ supported by スマレジ 音声

お店ラジオ supported by スマレジ #33

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

移動販売車と場所をマッチング「株式会社Mellow」。 週に一回100人来てくれるお店作りができれば成立する

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

パン屋のFC「小麦の奴隷」には、ホリエモンを使える権利が! LINEグループやZOOMで加盟店とコミュニケーション

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

地方活性化を目指すベーカリーのFC「小麦の奴隷」。 怒涛のFC展開を支えるのは、冷凍生地!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

シャンプーハット・てつじの「帰ってきた宮田麺児」。 宣伝広告費は既存客と従業員に使うべし!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「帰ってきた宮田麺児」シャンプーハット・てつじの金言。 ラーメン開発にかかった時間は勲章、価格設定は正々堂々と!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「花キューピット」の代表だからこそ知っている、 花屋の始め方からノウハウ、魅力まで。

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「花キューピット」のシステムは加盟店にとって、 究極のOne to Oneマーケティング!

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「カレーハウス CoCo壱番屋」の選べるシステム ご飯1600g食べきったら無料!が大ヒット

お店ラジオ supported by スマレジ 記事

「カレーハウスCoCo壱番屋」の徹底した接客重視。 毎日1,000通のアンケートハガキを見ていた