日帰り可能な雪山

さて今日は雪山を楽しむためのお話です。全国には初心者でも楽しめる、ロープウェーやリフトで行ける日帰り可能な雪山がたくさんあります。

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。
    
さて今日は雪山を楽しむためのお話です。初心者にはハードルが高い?
いえいえ、全国には初心者でも楽しめる、ロープウェーやリフトで行ける日帰り可能な雪山がたくさんあります。雪の白い世界と冬のきれいな空気が見ごたえのある絶景をプレゼントしてくれるので、ぜひその風景を味わってほしいです。

とはいってもやっぱり雪山なので、最低限の雪山装備は必要です。歩きやすい雪山でも、トレッキングポールとチェーンスパイクは必需品です。

トレッキングポールは両手に1本ずつ持つストックで、歩く姿勢を安定させてくれる道具です。チェーンスパイクは登山靴に装着する爪がついた滑り止めです。雪山を歩くならもう一つアイゼンと言う道具がありますが、アイゼンより扱いやすく歩きやすいので、積雪量の少ない雪山を歩くならチェーンスパイクをお勧めします。

さぁ、準備が整ったら早速出かけてみましょう。例えば、南アルプスの入笠山(にゅうかさやま)は、標高1955メートルの眺めが良い山ですが、途中まではゴンドラで登ることができます。だから山頂までの往復時間はおよそ3時間。難しい所がないので雪山初心者には人気が高いです。山頂からの眺めは絶景です。360度遮るもののない世界には、富士山や八ヶ岳、南アルプス・中央アルプスなど、日本百名山のうち22もの山を一度にぐるりと見渡すことができます。この爽快感は癖になりますよ。

冬だからこそ楽しめる雪山散歩。
サングラスやゴーグルを忘れずに出かけてみませんか。